最強馬主戦|ロベルト系

Screenshot_2015-10-24-18-03-16 (1)

ロベルト系限定最強馬主戦開催中

robelt01

18日(日)から開催中のロベルト限定馬主戦

芝3000mでの競走となっています。

本日中日出走前段階で3140の参加

ロベルト系は配合がしやすいのでこのあとも参加者が増えるだろうと思っています。後半戦はポイントも高いので明日からの結果が重要視されていきます。

 

みどり牧場前半戦結果
robelt02

みどり牧場でも前半戦248組で勝利することができました。
7番人気からの1着は珍しかったです。ゴールド99の配合で、一番多いのは4番、5番人気からの勝利で、1番人気になってしまうと意外と勝てないものです。

 

勝利馬の講評
robelt03

前半戦の配合でも10年馬がかなりの高確率で生産できましたが、10年馬、5年馬ともに勝利することはありませんでした。ロベルト系で芝3000mとなるとスタミナ、瞬発は高い数値になりやすいのですが、根性を上げていくのが難しいと感じていました。そこで、今回の配合は根性重視の配合にしたことで勝てました。

 

勝利馬ミドリロベルトのステータス
robelt04

前回のカード強化週間でイベントスタッフを揃えようとしましたが、時間的に間に合わずでした。覚醒は11でステータスもご覧のとおりです。根性以外の数値はゴールド99の配合でももっと良い数値(9000前後)がでますし、馬場適性も芝Sは容易にかないますが、今回は根性だけ重視にして勝てるのか?でしたので、とてもよい参考になりました。

今回の最強馬主戦の優先順位としては、距離適正が3000mをカバーしているか、根性が高い数値にあるか、を意識することでそれなりの結果を残すことができそうです。

現時点では勝利者数(1着になった人)は1037名ですので、100組台での勝利ができれば良いなと思いつつ後半戦も取り組んでみようと思っています。

 

ステータスの考察
ロベルト系で芝3000m、牝馬から選ぶことは難しい状況でしたので種馬から芝3000mをクリアしているロベルト系を選ぶ形となっています。

となるとスタミナはいずれにしても課題ではなくなりますので、そこで根性の有無が残ります。Pクラス以上であれば総じて根性重視の設定値になっていますので、芝2000m~でゴールドクラスが勝つことの難しさにつながるわけですが最強馬主戦であれば組み合わせ次第では勝利できますので、劣勢要因を排除。

おそらく、ステータスが伸びやすいスタミナ、瞬発などで満足してしまいがちなのですが、そこではなく・・・ということなのだろうと推測です。

そこで牡馬の根性のみに着目してゴールドティアラ(根性4300)での配合となりました。パワーはあきらめていたのですが、幸いにもSSとなり、タフさはもともとありますので狙い通りでした。

(Pクラスで根性5000以上などはざらですが、Gクラスでは稀です。Pクラスになった時点で意識するのは未曾有だったりリミットブレイクとなるのは当然のことだと理解できます。)

レース動画


勝ちタイム3分7秒9と、ほぼほぼ満足のいく結果でしたので、このあとは100組台での勝利を目指して楽しもうと思っています。できれば記録更新を!

 

記録更新

robelt10

3分6秒6、トップの方は4秒台・・・更なる更新は困難か!?

 

PF配合サンプル

robelt_pf50

PF50とPF54の配合を軽くやった結果・・・やはり根性で勝負するほかない状況だと思えます。

記録更新できました
Screenshot_2015-10-24-18-03-16 (1)
3分5秒5、スタートほどほど内先行三番手で最終コーナーを回りそのまま3頭、2頭と競り合って2馬身差勝利でした。配合は変えずそのままの状態でしたので2着馬との能力差は瞬発を除きすべて大きく下回っていました。これでトップと1秒前後差なのでトップが伸びない限り大満足で終われそうです。

You must be logged in to post a comment.